1855年  日魯通好条約に基づく国境線      戻る

 静岡県下田市において結ばれました。
 この条約で,両国間の国境は,択捉島とウルップ島の間に決められ,択捉島,国後島,色丹島,歯舞群島は日本の領土とし,ウルップ島から北の千島列島はロシア領として確定されました。
 また,樺太は両国民の混住の地と決められました。
   日魯通好条約に基づく国境線
 
                   次 1875年へ    戻る